虫歯・歯周病の予防・子どもの矯正は
広島市安佐南区のたけだ歯科

散々子どもの矯正を色んなやり方でしてきたが、顎を拡げる治療法が一番だと気づいた話

おすすめ記事


歯の1500

この毎日ブログも1500日

2017年8月から書き始めて

1500という数字に

そんなきりのいい数字の日には

今たけだ歯科で行っている

子どもの矯正装置についての

想いを書きます

私自身が噛み合わせで苦労して

矯正治療を二回も受けた経験から

自分のように苦労させないように

治療技術を勉強して

必死に大人の治療をしていました

しかし

一度壊れたものを治療で

いくら頑張って治しても

そこからまた何かしらの

問題が起こってくる

このジレンマに

悩まされるようになりました

ではどうすればいいのか

自問自答を繰り返すうちに

大人になって

壊れたお口の中を

治すのではなく

壊れないように

子どもの時から

予防的な治療をするのが

いいのではないかと

思うようになります

そんな経緯で

大人の治療よりも

子どもの歯並び治療に力をいれるように

だんだんなっていきました

当時していた治療法は

東京で学んだ取り外しの装置を

使ったものでした

取り外しの装置と一言でいっても

色んな装置を組み合わせて

治療をするのですが

装置の特徴として

マイルドにゆっくり良くなっていきます

そして最後の仕上げは

横須賀で学んだ咬合理論を元にして

中学生以降にワイヤー矯正をする

治療をしていました

ただ、

色んな子どもを治療していくと

この治療における問題点が

でてきました

それは、

取り外しの装置で治療すると

使ってもらわないと

治らないということです

取り外しの装置を真面目に

使ってくれない子どもがいましたから

更に

中学生でワイヤー矯正をするように

治療前に説明しているにもかかわらず

思春期になってワイヤー矯正は

したくないという子どもも

でるようになってきました

これでは予防的に壊れる前に

何とかすることができない

またここで大きな悩みにぶちあたります

悩みに悩んだ結果

顎を拡げる固定性の装置を用いた

今たけだ歯科で治療法として使っている

やり方に行き着いたのでした

この治療法を用いた結果

バツグンの治療効果がでてきました

子どもの時期から顎を拡げると

ワイヤー矯正をしないで済む子どもが

たくさんでるようになっていったのです

こんな感じのストーリーで

今のやり方にたどりついています

子どもの矯正なら

たけだ歯科にお任せください

6歳から8歳で始めるのがベスト

早めに相談にお越しください


たけだ歯科へのお問い合わせ

住所 広島市安佐南区西原9丁目1-1-1
マップを見る
休診日 土曜午後・日曜・祝日
診療時間 午前 9:00〜13:00
午後 14:30〜18:00(土曜日除く)
たけだ歯科のHP

コメントを残す

           

たけだ歯科医院
院長

                               
名前武田 泰三
住まい広島県

Profile

広島市出身、広島市在住
現在広島市安佐南区でたけだ歯科医院院長

幟町小学校→修道中学→修道高校から 広島大学歯学部に昭和61年入学
平成4年に卒業し歯科医師となる。

平成10年にたけだ歯科医院を開業し現在に至る

子供の時は虫歯に悩まされ、成人してからはかみ合わせが悪く、頭痛に悩まされ、2回にわたって矯正治療をうけた経験から子供たちの健全な発育のために虫歯予防と歯を抜かない子供の矯正に力を入れています。

広島生まれの広島育ち
大のカープ好き、カープが勝てば機嫌がいい。

好きな食べ物はもちろんお好み焼き

月別記事

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss