虫歯・歯周病の予防・子どもの矯正は
広島市安佐南区のたけだ歯科

歯列矯正やらなきゃよかったと後悔する時ってどんなとき?

子どもの矯正


矯正をやらなければよかったと後悔する時

 

歯の1423

 

 

大人になってから矯正を始めると

歯をきれいに並べるために

抜歯しないといけません

 

 

歯列の真ん中あたりの歯を抜いたり

親知らずを抜いたり

 

 

歯列の真ん中あたりの歯を抜くと

歯抜けの状態が目立ってしまい

見た目の悪さにがっかりしますよね

 

 

私も歯列矯正を二回もしましたが

私の場合は前歯を抜歯しましたから

とても恥ずかしかったです

 

 

さらに

埋まっている親知らずを

抜かないといけない場合は

抜くのも大変

 

さらに

抜いた後も一週間ぐらい腫れますから

これも大変ですね

 

 

大人で矯正を始めると

歯にワイヤーがついてきます

 

 

これが初めてついた日は

普通の食事がまったくできません

 

 

私の経験で言うと

蒸しパンのような柔らかいパンを

さらに牛乳に浸して食べた

ということをしました

 

 

さらに一カ月に一回

針金の調整をしてもらいますが

この後もまた痛くなるのです

これは辛いことですね

 

 

また

食事のたびに食べかすが

針金に詰まってしまうのです

 

 

これも煩わしいことです

時々装置が外れることもあるので

これもイヤなことですね

 

 

あとはどうしても期間がかかることや、

虫歯になってしまうことがあること

このあたりも後悔することになりますね

 

 

 

このように

大人になってからの矯正では

大変なことが多いです

 

 

これに対して

 

子どもの矯正の場合

 

たけだ歯科では狭い顎を

拡げる矯正をします

 

これは骨に対してアプローチしますし

子どもの骨は柔らかいので

痛くないのですよ

 

 

 

 

骨ごと大きくすると

機能回復もでき健康にもなれますね

 

 

やはり子どもの時から矯正をするほうが

いろんな意味で有利ですね

 

 

たけだ歯科で子どもの矯正をした

親御さんからは

 

してよかったありがとうございます!!

という感謝の言葉をたくさんいただきます

 

 

大人になってから後悔しないように

子どもの歯並び相談は

早めにお越しください

 


たけだ歯科へのお問い合わせ

住所 広島市安佐南区西原9丁目1-1-1
マップを見る
休診日 土曜午後・日曜・祝日
診療時間 午前 9:00〜13:00
午後 14:30〜18:00(土曜日除く)
たけだ歯科のHP

コメントを残す

           

たけだ歯科医院
院長

                               
名前武田 泰三
住まい広島県

Profile

広島市出身、広島市在住
現在広島市安佐南区でたけだ歯科医院院長

幟町小学校→修道中学→修道高校から 広島大学歯学部に昭和61年入学
平成4年に卒業し歯科医師となる。

平成10年にたけだ歯科医院を開業し現在に至る

子供の時は虫歯に悩まされ、成人してからはかみ合わせが悪く、頭痛に悩まされ、2回にわたって矯正治療をうけた経験から子供たちの健全な発育のために虫歯予防と歯を抜かない子供の矯正に力を入れています。

広島生まれの広島育ち
大のカープ好き、カープが勝てば機嫌がいい。

好きな食べ物はもちろんお好み焼き

月別記事

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss