HOME > 診療内容 > 歯周病治療
診療内容

歯周病治療

歯周病は歯を失うだけでなく、全身疾患にも影響をおよぼす怖い病気です。

日本人の35歳で80%以上の人が歯周病といわれています。
つまり、ほとんどの人に関係する病気なのです。
歯周病は、中高年になってから突然発症するわけではありません。
10代・20代のころから歳月をかけて少しずつ進行しています。

サイレントキラーと呼ばれる歯周病は、初期の段階では自覚症状はありません。
自覚症状が出た時には病状はかなり進行しており、歯を失うことになりかねません。さらに、お口で蓄積された菌は血管から全身に行き渡り、糖尿病や心筋梗塞などに悪影響を及ぼす怖い病気なのです。

歯周病が進行し、痛み感じてから歯科医院に行ったのでは、治療も大変なうえ、完治が難しく、歯を失うことになってしまいます。
しかし、初期の段階で適切な治療を行い、予防を心がければ、防ぐ事ができる病気なのです。

あなたの大切な歯を守ることに時間をかける歯科医院を選んでいますか?

歯周病にかかると、この模型のように、歯ぐきに隠れて見えない歯垢や歯石がびっしり・・・

なぜ、みなさんは歯周病が悪化するまで放置するのでしょうか?
それは、歯周病の怖さや定期的なメンテナンスで予防できることを、ほとんどの歯科医院では教えてくれないからです。
残念ながら、時間をとって歯周病予防の大切さを説明する歯科医院は少ないのが現状なのです。

歯周病のリスクファクター(危険因子)は、人それぞれ異なります。
その人の遺伝因子や生活習慣や口腔内環境、基礎疾患などの違いにより、歯周病の進行は異なるのです。
まずは、歯周病のことやご自分の症状を把握していただきたいので、当院では全ての患者さんに時間をかけてカウンセリングを行います。
患者さんおひとりに1名の歯科衛生士がカウンセリングから治療まで専任でサポートさせていただきます。
全ての人に関係する病気だからこそ、早めの検査と治療で生涯ご自分の歯を守ってほしい・・・。
そのための時間を惜しまないでほしいのです。

歯周病の原因は歯みがきだけでは取りきれません。定期的なメンテナンスがかかせません。

歯周病の原因は、歯みがきだけでは取りきれない、バイオフィルムと言われる菌の固まりです。これは、日々の歯みがきだけでは取ることができません。
この菌の固まり(バイオフィルム)や歯石を、熟練した歯科衛生士が専用の器具を使ってきれいに取り除きます。
歯周病は日々のケアも大事ですが、あなたと歯科医・歯科衛生士が協力して治していく病気です。

私たちが歯科衛生士が患者さんの大切な歯を守ります。

当院では7名の歯科衛生士が在籍し、一人の患者さんに対し、担当の歯科衛生士が継続的にサポートさせていただきます。検査結果を見ていただきながら現状をご説明し、これからどう改善・予防することをご提案します。

歯周病の原因である歯石を取るのは、熟練した技術が必要です。
歯科衛生士は歯周病、予防歯科の専門家。患者さんに信頼してもらうため、レベルの高いケアを行うために、歯周病治療の研修などを受け、常に知識と技術を磨いています。

歯周病治療のおおまかな流れ

検査・診断

レントゲンで骨の状態を見たり、歯周ポケットの深さの測定で歯周病の状態を検査します。 診断により具体的なプログラムを作成。

患者さんへの説明

  • 歯周病とは、どんな病気か?
  • あなたの現在の状態は?
  • どんな治療が必要か?

をご説明します。正しい知識が何より大切です。

プラークコントロール

歯周病の原因となるプラーク(歯垢)除去のための、正しいプラークコントロールの方法を指導します。

スケーリング

歯の表面や歯の根っこの部分の歯石を除去します。

スケーラーと呼ばれる器具で歯石を除去します。

歯周病が進行すると歯周ポケットが深くなり、スケーリングだけでは奥深くの歯垢や歯石を取ることができません。特殊器具を使用して歯周ポケット奥深くの根面に付着した歯石を取る治療を行います。

再評価

治療の成果を調べ、ご説明のうえ、今後のメインテナンスプログラムを決定します。

メインテナンス

定期的なメインテナンスを行うことが、歯周病の再発を防ぐために最も重要です。