HOME > 子どものむし歯予防・矯正 > 子どもの矯正
子どものむし歯予防・矯正

子どもの矯正

成長発育を積極的に利用して、歯だけでなく顎の骨格にまで影響を与える治療法でより好ましい噛み合わせに。

成長期(3〜12歳)にかけての成長発育を積極的に利用して、歯だけでなく顎の骨格にまで影響を与えることで、より好ましい噛み合わせを目指す治療方法を行います。
今までの矯正は、小児期においては問題があっても経過を見ておき、成長が止まってから中間の歯を間引いて、ワイヤーで治療するというものでした。
当院では機能矯正装置を利用して、早期から上顎と下顎のバランスをとり、骨格のバランスのあった良い噛み合わせを目指す治療をしております。
小児期よりバランスをとることで歯を間引くことがなく、将来固定装置を用いたとしても治療期間をかなり短縮できることもメリットと考えています。また、個人の適応に配慮した治療をすることで、無理のない噛み合わせに持っていくことができ、結果として後戻りが少ないこともメリットです。

成長期を利用して機能矯正装置を使った骨格矯正

機能矯正装置を利用して、早期(小児期)から上顎と下顎のバランスをとり、歯だけでなく骨格のバランスから矯正します。これは成長期だからできる治療です。

下顎前突症(受け口)

下の前歯の方が出ている受け口。
上あごの成長を促進して舌の位置を変える働きのある
機能矯正装置を使用することで、受け口が治り正しい噛み合せになります。

上顎前突症(出っ歯)

上の前歯が前に突出しています。上下のあごのバランスが悪いことなどが原因です。
機能矯正装置を使用し、上下のあごの位置をバランスを整えながら拡大します。
歯がまっすぐ生えるのに充分なスペースができ、上下のあごの位置がバランスがよくなることできれいな歯並びになります。

歯が重なり合って生えている(叢生)

上下の前歯部分の骨が狭いため、歯が重なり合って生えています。
上下のあごの成長を促進する装置を使って、あごを広げます。
歯を抜かずに、きれな歯並びになります。

歯並びが原因で、体に不調が現れ、健康に大きく影響します。

あごの骨格から矯正することで、歯並びだけでなく、その裏に潜む気付きにくい障害を改善することができます。

歯並びが悪くなるのは、歯が原因ではありません。
ほとんどの場合で、上下のあごの骨の発育に問題があります。
そしてあごの骨の発育を左右するのは舌の力です。

機能矯正は、直接、歯を動かすのではなく、舌や唇の筋肉を利用して間接的に歯を動かします。また筋肉の力は機能矯正を介して骨にも伝わり、骨の発育が促進されます。
歯だけを動かす矯正と比べて、痛みが少なく、取り外しができるので虫歯になる心配も少なくなります。

メッセージ

機能矯正は、発育過程にある子どもだからできる治療です。
あごの骨格からより好ましい噛み合わせにしていくことで、お顔にも大きく影響します。
将来、コンプレックスになるかもしれない出っ歯や受け口など、子どものうちに治してあげることは、ご両親からお子様への大きなプレゼントになるでしょう。