HOME > 予防を重視した診療 > 当院からのメッセージ
予防を重視した診療

当院からのメッセージ

歯を削るということは、結局は歯を失う事予防を重視し、健康な歯を守ることが歯科医院の本当の仕事だと思っています。

私は大学で補綴学(入れ歯や被せもの、詰め物)を学んだこともあり、悪くなった歯を治療することは得意です。
たくさんの講習会で、良い入れ歯をつくる技術や良い被せものをつくる技術を学んできました。
しかし、人工物であるそれらはむし歯の再発や、年数の経過と共に壊れていくことも多く「治してもまた悪くなる」という現実に大きなジレンマを感じることもありました。そして、悪くなった歯を治すことは当然必要で大切なことでありますが、もともと悪くしない「予防」をベースに置かなければ本当の意味での患者様の利益にはつながらないのではと考えるようになりました。
歯は治療などで一度手を加えると弱くなってしまいます。したがって、予防は小児期から早く取り組むことで、大きな成果を得ることができます。小児期からむし歯予防を行い、咬み合わせも良くしていくことで、大人になっても、ひいては生涯、歯を失わず、よい状態を保てる可能性が高くなるのです。
たけだ歯科医院は、「生涯健康な歯を得たい」とお考えの方の力になることができます。どうぞお気軽にご相談ください。

むし歯と歯周病は予防できる病気です。私たちはあなたの大切な歯を守る歯科医師でありたいと思っています。

痛い時に歯医者に行って、それで終わり・・・。
そんな日本人のむし歯に対する意識や習慣が、大切な歯を守る妨げになっています。
たとえば、欧米で歯のメインテナンスに行かない人はほとんどいません。それは、むし歯予防や歯周病予防の知識があり、メインテナンスが当たり前の習慣だからです。しかし、残念ながら日本人にはその知識がないがゆえに、歯を失っているのです。

欧米では、むし歯の治療には高額の医療費がかかります。だから、むし歯にならないように子どもの時から定期的なメンテナンスをすることは当たり前なのです。
日本でのむし歯の治療費が安いことが、逆にむし歯になるまで放置するという悪い習慣となってしまっているのです。

予防の知識を持って、年に数回の検診とメンテナンスを受けていただくだけで、ご自分の歯が守れるのです。

私たちは、一人でも多くの方に予防の知識をお伝えし、予防に取り組み、一生あなたの大切な歯を守る歯科医師でありたと思っています。

定期的な検診が定着している欧米に比べて
「痛くなってから歯医者に行く」日本人は
失う歯の本数が圧倒的に多い。
予防のための定期検診とメンテナンスで
これだけ大きな差が生じるのです。

メッセージ

当院ではむし歯や歯周病などの発生を未然に防ぐ「予防」を基本とした診療体制を整えております。
むし歯や歯周病は患者さんと私たちが、それぞれの役割を務めることで高い確率で防ぐことができます。
私たちの願いと同じように、生涯に渡り、健康なお口で過ごしたいと思われる方、ぜひ、たけだ歯科医院にお越しください。きっとお役に立てると思います。