HOME > 子どものむし歯予防・矯正 > 子どものむし歯予防
子どものむし歯予防・矯正

子どものむし歯予防

日本は歯科医療の後進国!小児期から予防に取り組むことが効果的

先進国の中で、予防歯科の知識が普及していないのは日本くらいだということをご存知ですか?
たとえば、スウェーデンでは3〜4ヶ月ごとに歯科医院で予防歯科を受診することを義務化しています。
その結果、スウェーデンでの80才における平均残存歯数は25本!
それに対して日本はたったの9本と大きな差が生じるているのです。

むし歯で痛い思いをしたお父さん・お母さん、自分の歯が少なくなったおじいちゃん・おばあちゃんたちは、ご自分のお子さんやお孫さんには、歯で困ることのない人生を送ってほしい・・・と思いますよね。 子どものころから、「予防のためのちょっとした時間」を作ってあげることで、子どもたちの大事な歯を守ってあげられるのです。
当院では子どものむし歯予防と噛み合わせ治療に力を入れています。
私たちと一緒に、お子さまの大事な歯を守ってあげましょう。

小児期から唾液検査を取り入れた予防することで90%の子どもがむし歯ゼロに

むし歯予防は小児期から取り組むことで、大きな成果を得ることができます。

当院では、お子さまにも唾液検査などの数種類の科学的根拠に基づいた検査を受けていただき、虫歯になる原因や要素を検査し、それに基づいた予防プログラムをご提案しています。 小児期からに唾液検査を行い、早い段階で適切な予防に取り組むことで、大きな成果を得ることができます。5歳前から定期的にメインテナンスを受けることで、12歳時に90%の子をカリエスフリー(むし歯ゼロ)にできるのです。

唾液検査についてはコチラ

ご家族みんなで予防取り組みませんか?一生虫歯ゼロにしてあげることはご家族の愛情です。

子どもの歯を守るために、もう一つ大切なこと、それは「家族全員で予防に取り組む」ということです。
むし歯や歯周病は細菌による感染症であり、その始まりの多くはご家族間での感染です。
共に生活を送る家族全員が予防に取り組むことで、全員が健康な歯を得ることができます。

また、忙しいお母さんがお子さんの検査のためだけに時間を取るのは、なかなか難しいことですよね。
だから、当院では、お母さんやご家族とお子さんが一緒に歯科検診に来てくれることをおすすめしています。
ご両親自身も予防に取り組むことで、お子さんの予防の大切さもわかってもらえますし、「歯科の定期検診」を家族みんなの習慣としてほしいのです。
お子さんは、自らの意志で検診することはできません。
子どもの頃から歯科予防をしてあげることは、お母さんから未来のお子さんへのプレゼント。愛情だと思うのです。
将来、大きくなった時に、むし歯のないことをきっと感謝してくれるはずです。

家族みんなで予防に取り組んでいます!

古島れいくん(10才)、りんちゃん(8才)1歳から予防をはじめて、現在は矯正中!

れいくんは1歳の時から定期検診をはじめて、現在は矯正中!妹のりんちゃんとお母さんも、一緒に定期検診をしています。
家族みんなで一緒に検診&予防しています。

マイナス0歳からのむし歯予防!これからお母さんになる方へ

お母さんのお腹にいるときから、むし歯予防は始まっています。
むし歯の主な原因菌は「ミュータンス菌」と呼ばれる細菌です。
むし歯の原因にはいろいろありますが、この菌が感染することでむし歯になりやすくなります。
生まれたばかりの赤ちゃんの口の中にはミュータンス菌は存在していません。しかし、3歳までにお母さんやご家族の口の中から唾液を介して感染していくのです。
しかし、親から子どもへの感染を完全に防ぐことは残念ながらできません。

妊娠や出産の前に、生まれて来る赤ちゃんのためにできることは、お母さんの口の中のミュータンス菌の数をできるだけ減らし、むし歯があれば完全に治療しておくことです。
それが、赤ちゃんへうつる菌の数や強さを最小限に抑えることにつながります。

また、妊婦さんは唾液の性質の変化やホルモンバランスの影響などにより、むし歯なりやすい傾向にあります。
お母さんのためにも、これから生まれてくるお子さんのためにも、お口の環境を整えてから出産にのぞみませよう。